日本ビーチ文化振興協会 LET'S ENJOY BEACH LIFE
トップ 協会について 活動報告 理事・役員 海辺情報 入会案内 リンク アクセス ブログ お問合わせ
トップ > 活動報告 > 第2回ビーチライフin渋川

第2回ビーチライフin渋川

日時 : 2009年9月5日(土)9:00〜16:30
場所 : 渋川海水浴場(岡山県玉野市)
天候 : 晴(最高気温 32度、最低気温 24度)
来場者数 : 5,000名

瀬戸内の多島美と瀬戸大橋が眺められる風光明媚な渋川海岸にて開催されました。
毎年、ビーチサッカーの全国大会予選が開催されるほどビーチサッカーが盛んな渋川海岸に、今年は
ビーチサッカー日本代表選手(新垣 隆選手、鈴木 俊多選手(共にソーマプライヤ所属)2名が登場し、
基本のプレーとダイナミックな大技を伝授してくれました。

また、ビーチ相撲も初の渋川海岸披露となり、とても積極的な岡山県の子どもたちが
お相撲さんに体当たり!ビーチでは簡単に相撲をとることができます。
ビーチ相撲の目的は「礼に始まり、礼に終わる」と、かならず取り組む前に挨拶をします。
親子とお友達と楽しく体当たりして、自然と挨拶の言葉で出るようにしたいですね。

そして昨年同様に大人気の宝探し。
会場にきているすべての子ども達が砂を掘り宝の札を探します。
巨大砂場でみんな大はしゃぎです。

「海辺を守ろう!運動〜ペットボトルキャップ回収〜」では、市民の皆様が善意により事前に
軽四トラック1台分のキャップ(48,000個)を回収下さいました。そこで、ビーチライフセレモニー内では
市民の皆様を代表していただき黒田晋玉野市長に感謝申し上げました。

13,600個のキャップが再加工され、ベンチ1台に変身します。海辺を愛する市民の皆様の気持ちの
こもったエコベンチが白砂青松の渋川海岸に設置される予定です。

読売新聞 2009年9月6日掲載 [PDF:406KB]
山陽新聞 2009年9月6日掲載 [PDF:328KB]
山陽新聞玉野圏版 2009年9月8日掲載 [PDF:857KB]

主催
日本ビーチ文化振興協会、ビーチライフin渋川実行委員会
後援
国土交通省中国地方整備局、環境省中国四国地方環境事務所、岡山県、玉野市、
玉野市教育委員会、(財)港湾空間高度化環境研究センター、玉野商工会議所、
玉 野市観光協会、玉野青年会議所、山陽新聞社、岡山放送、倉敷ケーブルテレビ
協力
ビーチライフネットワーク
 (日本ビーチバレー連盟、日本ビーチ相撲連盟、JAPANビーチサッカーネットワーク、
 ビーサン協会、健康体操マイペース、 TEAM遊佐)、
岡山県バレーボール協会、岡山県ビーチバレー連盟、玉野市バレーボール連盟、
おかやまビーチサッカー in 渋川実行委員会、玉野市レクリエーション協会、
渋川観光協会、ダイヤモンド瀬戸内マリンホテル、岡山ゾンタクラブ
協賛企業
(敬称略)
岡山県産業労働部、JFEスチール(株)、パンパシフィック・カッパー(株)
日比製煉所、平田興産(株)、三井造船(株)玉野事業所、三井 造船協力企業グループ、
水島港国際物流センター(株)、(株)成通、玉 野ロータリークラブ、
ダイヤモンド瀬戸内マリンホテル、三井生命保険 (株)、三友不動産(株)、
アイサワ工業(株)、宇野港航路誘致 推進協議会、宇野港振興会、岡山ゾンタクラブ、
(株)コスモ情報システ ム、玉野商工会議所、玉野商工会議所女性会、(社)玉野法人会、
(有) ニシゼン、西日本三菱自動車販売(株)、三国工業(株)、三国ワールド (株)、
三井造船生活協同組合、(株)大本組


歓迎レセプション
+クリックで拡大

黒田晋玉野市長挨拶

「海辺を守ろう!」アスリート
+クリックで拡大

来賓紹介

「海辺を守ろう!運動」看板

「海辺を守ろう!」ブース

ビーチバレースクール

ビーチ相撲

ビーチ相撲のぼり


ビーチサッカー


ビーチサッカースクールでアクロバットな指導


ビーチヨガ

ビーチフラッグス

シーカヤック教室

ビーサン跳ばし

フラダンス

ダンスパフォーマンス

和やかな砂遊び

海辺の図書館

宝探し

宝探し

■ご協賛企業









前のページへ
ページの先頭へ

Copyright Association for Beach Life Japan, All rights reserved. Privacy policy