日本ビーチ文化振興協会 LET'S ENJOY BEACH LIFE
トップ 協会について 活動報告 理事・役員 海辺情報 入会案内 リンク アクセス ブログ お問合わせ
トップ > 活動報告 > 川崎マリエンBLJアスリートふれあいビーチバレースクール

川崎マリエンBLJアスリートふれあいビーチバレースクール

平成23年9月11日
会場 川崎マリエンビーチコート
参加者 69名
  ・ラビット
  ・銀河 
  ・殿町小・四谷小、こども文化センター

講師 朝日健太郎
    畑信也
    ビーチバレー日本代表 山室コーチ

9月中旬にも関わらず気温30℃以上ある中、
地元川崎からたくさんの子供たちが参加してくれました。

普段クラブチームに所属してる選手、バレーボールを初めてプレーする選手達、
層は幅広くそして大勢の参加を頂きました。

今回、講師にプロビーチプレーヤー畑選手、
代表チームコーチ山室氏、朝日の3名で指導にあたりました。

当日は酷暑で、水分補給等休息に気をつけながらの練習を進行。
さすがに子供達も暑いのか、教室当初は声も出にくく元気がいまひとつ・・・。

始めにウォーミングアップを兼ねて、
簡単なレクレーション、リレー、ボール遊びを行いました。
川崎マリエンの深い砂だけあって、
子供たちもなかなかうまく走れない。
風が吹く中、ボールも流されて思うようにいきません。
それがビーチバレーの醍醐味であるように、砂、風によって、
子供たちもウォーミングアップに熱が入り、だんだんと元気が出てきました。

次に基本動作。
パスです。
距離を変えながらのアンダーハンドパス。
うつ伏せ、仰向けからのパスといった変化をつけたパス練習を行いました。

次にサーブ。
風の影響を大きくうける練習だけあって、
ネットを越す事もうまくいかない中、
ボールを叩くコツを伝えることでボールを強く叩けるようになっていきました。

レシーブ練習
講師たちが強いボールを打ち、
それをレシーブする練習です。
最初は慣れないせいか怖がりながらのレシーブでしたが、
スピードに慣れてくると積極的に砂へ飛び込んでいました。

アタック練習。
セッターをおいて手で上げたトスを打つ練習。
体育館とちがって踏み込みがうまくいかず難しかったようです。

最後は5チームに分かれて、ゲーム練習。
これが一番盛り上がりました。
教室も終盤で子供たちも疲れが見えましたが、
最後まで元気にゲームに取り組んでくれました。

以上、約2時間のビーチバレー教室となりました。

天候によって心配もありましたが、
参加者全員が最後まで元気にプレーしてくれました。
普段の体育館と違って砂の上がとても楽しそうに、
そして汗びっしょりになりながらビーチバレーを楽しんでくれたように思います。

今後はビーチバレーが、川崎マリエンを中心にして川崎の町に根付いてくれるよう、
教室をはじめとした活動をもっと行っていきたいと思います。

朝日健太郎



+クリック拡大します



前のページへ
ページの先頭へ

Copyright Association for Beach Life Japan, All rights reserved. Privacy policy