日本ビーチ文化振興協会 LET'S ENJOY BEACH LIFE
トップ 協会について 活動報告 理事・役員 海辺情報 入会案内 リンク アクセス ブログ お問合わせ
トップ > 活動報告 > もっと安全・ほっと安心・さわやかTOKYO!

もっと安全・ほっと安心・さわやかTOKYO!

主催 : 東京都、警視庁、足立区
日程 : 2011年10月29日(土)10:00〜16:30
目的 : 『犯罪のないもっと安全な街、そして都民がほっと安心して暮らせるさわやかな街“TOKYO”を目指そう!』
    人と人がふれあう地域の「絆づくり」や「規範意識の向上」をテーマに、誰もが安心して気持ちよく
    暮らす事のできる「安全でさわやかな街TOKYOづくり」をアピールします。

「絆づくり」
・少年・・・非行に手を染めてしまった青少年に手を差し伸べる立ち直り支援
・高齢者・・・地域の絆で、各種犯罪の被害者や加害者となることを防止

「規範意識の向上」
・あいさつから始める・しつけ  ・万引き防止

■プログラム
1.スポーツ交流≪スクール≫
 相撲(元幕内力士/玉海力)・サッカー(元サッカー日本代表/武田修宏氏)
 体操(体操アテネ金/米田功)・太鼓・新体操

2.シンポジウム
 「ルール・マナーについて」「万引きの防止について」をテーマに「安全・安心して暮らせる街、東京」を広くアピール。
コーディネーター: 東京未来大学、犯罪心理学者    出口保行教授
パネリスト:
日本ビーチ相撲連盟 理事長    玉海力剛氏
アテネオリンピック体操金メダリスト 米田功氏
警視庁全日本剣道選手権優勝2回 寺地里美氏
東京都小学校PTA協議会副会長  坂田知生氏
警視庁少年育成課世田谷少年センター所長 早乙女真由美氏

3.ブースコーナー 
 高齢者と一緒に手作りのおもちゃや手芸をしよう。
 警察官の制服コーナー
 等

4.劇団による防犯講和

【活動報告】
■相撲教室
いつものように、まず挨拶指導から始まり、準備体操、相撲のルールと続き
我がスタッフ大ちゃんを相手に相撲教室の始まりです。
ここでは、「勝ち負けに関係なく相手に感謝をして大きな声で最初と最後に挨拶をする」ことを
第一に相撲教室を行っています。

今日参加している子供たちは、親の躾が良いのだと思いますが
みんな挨拶がきちんと出来ていて素晴らしい子供たちばかりでした。

そこで急遽、相撲大会をすることに!

自らエントリーして来た少年たちは9名。
みんなやる気満々で、挨拶も非常に良し。
大変盛り上がった大会になりました。

■シンポジウム
「ルール・マナーを守る意識の大切さについて」と
「規範意識の向上・地域の絆再生」についてのシンポジウムにパネリストとして
参加いたしました。

東京未来大学教授で犯罪心理学の権威の出口保行氏がコーディネーターとなり、
パネリストはアトランタ五輪金メダリストの米田功氏筆頭に、アスリートから警視庁の
方々など、バラエティ豊な意見が飛び交う内容でした。

まず私の最初の質問が「ルール・マナーを守る意識の大切さについて」
というテーマで、子供の頃、親や指導者から言われたことで
今でも心に残っていることや、守っていることはありますか?ということに対し、
私が親に強く言われたことは、
「いつでも自分から挨拶をすること。
そして、誰が見ていようが、見ていまいが陰日なたなく行動すること。
誰も見ていなくとも、お天道様は必ず見ているのだぞ。」

ということであり、今でも教訓としており、今、自分のしようとしていることは、
本当に正しいのかを考える習慣が出来ました。

ルールは決まり事ですが、マナーに関しては人によって温度差があります。
しかし、相手の気持ちに立って考えることが出来たならば、
最低限のマナーは守る事が出来るのではないでしょうか。

そして次の質問は「少年の万引き防止をするための規範意識の向上について」。
「礼に始まり、礼に終わる」と言われている相撲の経験を通じて
こちらでも先ほどと似ていますが
「相手を敬うこと、身近な人との信頼関係」の2点と答えました。

私が思うに、少年の万引きについて、相手(生産者)側の気持ちに立てば
簡単には万引きなど出来るはずはないと考えます。
商品が何であれ、一つのものにはいろいろな人間が関わって作られているのです。
それを考えたら、人様が丹精込めて作ったものを黙って取ることなど
出来ないと思います。
その過程をきちんと教えていないのは間違いなく親の責任でしょう。

万が一、私が万引きをして親が泣き崩れ落ち相手に土下座をしたらどうでしょうか。

自分の大事な親のそんな姿は絶対に見たくはありません。
一番身近な関係である親との信頼関係があれば、
2度と万引きなどしなくなるのではないでしょうか。
そのためには、親が襟を正して子供に背中を見せなければならない、
と私は考えています。

我々会社でも、上司は部下を見抜くことは中々できず
部下は上司をすぐに見抜くのと同じように、
親は子供を見抜くことが中々出来ません。
しかし、子供はすぐに親を見抜きます。
ですから決まり文句の「うちの子に限って・・・・」
というセリフが出るのでしょう。
私はやはり、まずは『親が責任を持って子供と接し信頼関係を作り上げる』
ことが大事だと思います」

このような感じでパネリストとしてお話させていただきました。

警視庁が主催で冗談の一つも言わない真面目なパネリストは初めてで
緊張しましたが、コーディネーターの出口氏はじめ、
皆さまのご協力で滞りなく務めることが出来ました。

日本ビーチ相撲連盟を立ち上げて、多くの方々との交流が生まれ
日々勉強をさせていただく毎日です。
今後も、多くのイベントで自らも学び、多くの子供たちと交流していこうと思います。

日本ビーチ相撲連盟 
理事長 玉海力 剛

 ・サンケイスポーツ新聞 2011年11月12日掲載


本日のプログラム.ご来場者をお出迎え
+クリックで拡大

開会式

地元足立区立花保中学校吹奏楽部
によるオープニング

サッカースクール
講師:サッカー元日本代表
武田修浩氏による挨拶

お笑い芸人による挨拶運動

相撲教室

力士と体当たり


ちびっこ相撲大会

ちびっこ相撲大会で優勝したぞ!

太鼓

太鼓

各色鮮やかなリボンを選んで新体操

新体操

新体操

ブース

ブース

地元高齢者による
昔のおもちゃや手芸ブース

懐かしい玩具を子ども達に指導

「地域の絆」「規範意識の向上」
についてシンポジウム

日本ビーチ相撲連盟理事長
玉海力剛


前のページへ
ページの先頭へ

Copyright Association for Beach Life Japan, All rights reserved. Privacy policy