日本ビーチ文化振興協会 LET'S ENJOY BEACH LIFE


第3回健's BAR

【日 時】 2013年7月9日(火)18:30〜20:50
【会 場】 PRONTOアネックス大手町店
【参加人数】 47人
【ゲスト】 日本ビーチ相撲連盟理事長 玉海力 剛

【所 感】
平年より2週間も早い梅雨明けとなった東京は酷暑となり、汗が流れ落ちるような気候となりましたが、『健’s BAR』を楽しみにしていたお客様が、オープンを待って並んでいました。

前回、お客様とのディスカッションが出来なかったことや、音が後ろの方まで届かなかった反省を踏まえて、お客様とトークセッションが出来るようなテーブルの配置や、音響の設備など、皆様にご満足いただけるよう、スタッフ一同準備を重ね、第3回にのぞみました。

この日は47名の方が参加して下さり、中には『健’s BAR』のために仕事を休んできたという方までいらっしゃいました。イベントを行っていて、改めて開催して良かったという気持ちと、更に内容を充実させて、私たちの協会をより多くの方に知って頂けるよう、精進していこうと思います。

今回のゲストは日本ビーチ相撲連盟の玉海力 剛様。当協会の活動にもご協力頂き、ビーチ相撲を通して青少年の育成を目的とした活動を行っています。

今回のテーマは『はだしで子育て。キレない子どもは、はだしから』ということで、子育てや経営されている会社の社員教育について語って下さいました。冒頭の紹介映像では、玉海力様の幼少の頃の一人とび抜けて大きく貫禄ある子どもの姿に、会場は驚きと爆笑の渦。また、相撲界に入った中学生時代は、礼節や勝負の厳しさを叩きこまれ学んできたことから、ビーチ相撲を通して子ども達に礼節の大切さや負けることの悔しさを知って内面を育てていきたいと語りました。

ディスカッションコーナーでは、「恐怖に感じた親からのしつけ」「これだけはこだわる我が子へのしつけ」「家族愛とは。」というテーマで会場にいるお客様とトークを行い、様々な教育方法で子どもと向き合う姿勢を伺うことが出来ました。教育というのは子どもの成長に大きく影響を与えるものです。軟弱になっている子どもや、キレやすい子どもが増加しているなかで、私たち大人の意識によって変わっていくことができるという貴重なご意見を伺いました。

また、はだしで子育てというテーマに賛同して下さったNPO法人イクメンクラブ代表の長谷川潤様もお見えになり、7月21日にお台場海浜公園メッセージアート展と同時開催される『親子対抗はだし運動会』について説明をして下さいました。はだしになって親子で運動会をして絆を深め、今後青少年教育につながっていけるようより一層充実させていきたいと思います。

最後には、株式会社スズキ紙工 森下様よりサプライズプレゼントとして『健’s BARオリジナルコースター』をお客様全員にお土産としていただきました。とても洒落た素敵なコースターにお客様は笑顔でお帰りになりました。

はだしになれる海辺は、青少年教育、礼節、健康など子どもを成長させる環境に大変適した場所だと思います。当協会は、そんな海辺を安心して親子で利用できるよう、環境作りに邁進していきたいと思います。



学生の方も参加して下さいました

みんな笑顔でピース

マスター健からのご挨拶

玉海力さんが子育てについて語りました

NPO法人イクメンクラブ 長谷川様から
『はだし運動会』についてご説明

恒例のジャンケン大会


前のページへ
ページの先頭へ

Copyright Association for Beach Life Japan, All rights reserved. Privacy policy