日本ビーチ文化振興協会 LET'S ENJOY BEACH LIFE
トップ 協会について 活動報告 理事・役員 海辺情報 入会案内 リンク アクセス ブログ お問合わせ
トップ > 活動報告 > 『海辺を守ろう!運動』メッセージアート展2013

『海辺を守ろう!運動』メッセージアート展2013
【概 要】 私たちの浜辺を私たちの手で。海辺を守り、美しいビーチ環境を創ろう。」
「海辺を守ろう!運動」はこの趣旨に基づいて活動しており、その啓発活動の一環として、海やビーチに対する皆様の思いをイラストや写真等で一般公募し、その作品を白いTシャツにプリントしたものを会場に展示致します。また、更なるメッセージ性と居心地のよい空間を高める演出として、ビーチに相応しい素朴なライブや、「海辺図書館」のオープン、そして新たな企画として『親子対抗はだし運動会』を開催。はだしになれるビーチで、親子で取り組む時間を共有し、絆を深めることのできるプログラムで、はだしになることの楽しさを実感していただきました。
【日 時】 2013年7月20日(土)10:00〜17:00
【会 場】 東京都港区お台場海浜公園おだいばビーチ
【天 候】 20日(土)(最高気温28℃、最低気温21℃)
【投票数】 262票
【動員数】 メッセージアート展2日間 10,000人
       海辺図書館・竹パーゴラによる癒しブース2日間 150人
【主 催】 NPO法人日本ビーチ文化振興協会 
【後 援】 東京都港湾局、港区、臨海副都心まちづくり協議会
【運 営】 HADASI
【作品応募チラシ】
【所 感】
今年で4回目となった「海辺を守ろう!メッセージアート展2013」には、101作品のデザインの応募があり、子どもが描く、かわいらしい作品から、グラフィックデザイン、ビーチや海を撮った写真など、個性豊かなデザインが数多く出品されました。

例年に比べて2週間も早い梅雨明けを迎えたお台場は、気温はさほど高くはなくとても過ごしやすい2日間となりました。会場には多くの来場者とお台場ビーチバレーを楽しむ愛好者、『親子対抗はだし運動会』に参加する親子、『odaibaビーチバレー」に参加される方々で、大変賑やかとなりこのような活気と人が集うビーチを全国に広めたい、と改めて実感した光景でもありました。

開催会場では海辺図書館が併設され、日本大学海洋建築工学科親水工学の学生が製作した竹のパーゴラが設置されました。太陽の日差しは、竹のパーゴラによって柔らかな日差しとなり、海を眺めながらのんびりと読書を楽しむ人や、休憩をしながら食事をする家族など、まさに海の家のような空間となり多くの人が利用していました。海を眺めながらはだしでゆっくりと過ごすことのできる空間は、まさに理想のビーチであり、スローライフを送るための必要な条件であると思います。

【『海辺を守ろう!運動』メッセージアート展2013受賞作品】

メッセージアート・グランプリ
「美味しそうなビーチ」
洵凪・駿乃介様


「海辺を守ろう!」賞
「りゅうぐうじょう」
伊藤 秀吉様

「海辺を守ろう!」賞
「みんなの海」
田中 雄基様



ひらひら賞
「ぼくの自己管理」
松本 幸穂様

ひらひら賞
「海からの脱出」
大塚 來虎様

ひらひら賞
「HIRAME I TA!!!」
中村 理恵子様


【会場の様子】


受付テント

メッセージアート展看板

ペットボトルキャプ回収ボックス

全国はだしキャラバン

日本大学 海洋建築工学科制作
竹のパーゴラ(日除け)

竹で製作した本棚

潮風ひらひら揺られるTシャツ

色々な作品に興味津々

好きなデザインに投票

投票箱
   

【ご協力企業のぼり】

五洋建設株式会社

小名浜船舶株式会社

株式会社フォーバル

株式会社ヤナイ

株式会社青山海事

金鶴食品製菓株式会社

三国屋建設株式会社

一般財団法人みなと総合研究財団

日本財団(助成)


前のページへ
ページの先頭へ

Copyright Association for Beach Life Japan, All rights reserved. Privacy policy