日本ビーチ文化振興協会 LET'S ENJOY BEACH LIFE
トップ 協会について 活動報告 理事・役員 海辺情報 入会案内 リンク アクセス ブログ お問合わせ
トップ > 活動報告 > 第7回ビーチライフ® in新潟

第7回ビーチライフ® in新潟

【日 時】 2013年7月28日(日)9:50〜16:10
【会 場】 日和山浜海水浴場(新潟県新潟市)
【天 候】 晴れ(最高気温30℃、最低気温21℃)
【来場者数】 3000人
【主 催】 第7回ビーチライフin新潟実行委員会
 (入舟小学校区コミュニティ協議会、海の環境と安全ネットワーク、栄小学校区コミュニティ協議会、
 一般社団法人新潟県サッカー協会、一般社団法人新潟港振興協会、新潟市バレーボール協会、
 新潟下町をよくする会、新潟北部開発協議会、NPO 法人新潟水辺の会、NPO 法人新潟みなとクラブ、
 日和山住吉神社、北部マリンクラブ、湊校区コミュニティ協議会)
【共 催】 NPO法人日本ビーチ文化振興協会
【後 援】 国土交通省北陸地方整備局新潟港湾・空港整備事務所、新潟県新潟地域振興局新潟港湾事務所、
 新潟市、一般社団法人新潟港振興協会、一般財団法人みなと総合研究財団、
 一般社団法人新潟県サッカー協会、新潟市バレーボール協会
【協 賛】
 株式会社本間組、新潟下町をよくする会、入舟小学校区コミュニティ協議会、
 NPO法人美しい緑、水辺、大地を考えるフォーラム、エヌシーイー株式会社、株式会社NBプランニング、
 開発技建株式会社、株式会社加賀田組、久保田電機工業株式会社、グリーン産業株式会社、
 五洋建設株式会社、株式会社近藤組、栄小学校区コミュニティ協議会、三省水工株式会社、下本町商店会、
 新栄運送株式会社、東亜建設工業株式会社、東洋建設株式会社、株式会社ナカノアイシステム、
 株式会社中元組、新潟県観光協会、新潟信用金庫横門前支店、新潟横七番町郵便局長、萬代建設株式会社、
 有限会社ビデオタウン企画、二葉コミュニティーハウス、株式会社不動テトラ、古町通13番町第2町内会自治会、
 文芸新社、北陸ガス株式会社新潟支社、株式会社真柄商店、有限会社瑞穂重機、湊校区コミュニティ協議会、
 柳都トラベル株式会社、有限会社公益サービスセンター、株式会社富井工業所、株式会社プレステージワン、
 北部総合コミュニティーセンター、株式会社神林電気商会、株式会社桑野写真館、新潟漁業協同組合、
 株式会社マルコ不動産、本町支店、三浦電機株式会社、みさわ、有限会社吉田フローリスト
【医療協賛】
 医療法人新潟勤労者医療協会 舟江診療所
【参加者数】
・新潟deビーチバレー 29チーム(約174名)
・ソフトバレー 9チーム(約70名)
・ビーチサッカー 14チーム(約180名)
・STEP体操 50名
・ビーサン跳ばし 午前30名/午後30名
・ビーチフラッグス 午前30名/午後40名
・ビーチ相撲 午前50名/午後30名
・ビーチヨガ 70名

【所 感】
梅雨に逆戻りしたように雨が降り続いた日本各地。心配された天気は、設営時に少し雨が降った程度で、徐々に雲の隙間から太陽が顔をのぞかせ、次第に強い日差しへと変化していきました。
美しい日本海と白い砂浜がひろがる日和山浜海水浴場には、ビーチライフに遊びに来た方や県内外からのビーチバレー、ビーチサッカーの参加者、海水浴にきた親子連れなど約3,000人もの方がビーチスポーツやイベント、海水浴やバーベキューを楽しんでいました。

昨年よりも会場レイアウトをコンパクトに中央に集めたため、イベントやステージ、売店の距離も近くなったことで、全体がまとまりのあるイベントになりました。
高らかに鳴り響く伝統芸能万代太鼓からスタートした「第7回ビーチライフin新潟」
今年も多くのイベントステージやレクリエーションが行われました。
開会式後はまずSTEP体操。これからの競技で怪我がないように、体を起し筋肉を柔らかくします。参加者もどこかスッキリとした表情になり、日頃の運動がいかに大切か、体操を通して感じた方も多かったと思います。

毎年恒例の「ビーチバレー4人制大会」は、国体予選と重なり、今回は「新潟deビーチバレー」として当協会が中心となり草大会を実施致しました。また、新潟で大変盛んな、ソフトバレーボール連盟にも声をかけ、周年記念ということもあり、ビーチでソフトバレー大会を開催。ビーチバレーボールよりも軽いボールを使うことから、風の影響などが心配されましたが、試合もスムーズに行うことができ、また、初心者の方でもボールが取りやすいことから、ビーチソフトバレーボールは大いにありだ、と確信しました。ビーチソフトバレーを今後多くの地域で実施し、定着化できるよう、取り組んでいきたいと思います。

毎年白熱した戦いとなるビーチサッカーは、華麗なリフティングやパス回しなど陸上サッカーとはまた違った魅力に、参加者も観客も楽しんでいました。また、ビーチサッカーの参加者は試合のない時間には、他のイベントにも参加され、ビーチライフ全体をとても楽しんでいました。

子どもから大人まで大人気のビーサン跳ばし。遠くまで跳ばそうと、思い切り足を振るもビーサンは前ではなく、後ろにいってしまう人がちらほら。簡単なようで意外と難しいビーサン跳ばしに夢中になっている参加者は、最初から最後まで笑顔と笑い声が絶えませんでした。

ビーチフラッグスでは、低学年の子ども達がホースめがけて一生懸命に走る姿がとてもかわいらしく、また高学年になってくると真剣さが伝わってくるほど。ホースが取れなかった子の顔はとても悔しそうでこの悔しい気持ちがばねになり、次に繋がる事と期待します。大人の部では、毎年ビーチフラッグスに参加されている方が多く、その方の立ち上がりはとても速く、他の人より頭ひとつ違うほど群を抜いた速さに、観客からは歓声があがっていました。そして、優勝を手に入れました。

ビーチ相撲は大人の方に大人気。中には、相撲の浮世絵がプリントされているTシャツを着て観戦に来る人もいました。体の大きな力士に、子どもも大人も本気の体当たり。講師の力士は後半になるにつれて、疲れが顔に出てきていましたが、楽しんで相撲をとる参加者に最後まで答えていました。

夕日が沈む日本海を眺めながら、疲れた体をほぐすビーチヨガ。夏場は日が長いので、やや暑く汗が吹き出しましたが、柔らかい砂の上に敷かれたホワイトシートの上で波の音を聞きながら、ゆっくりと呼吸し体を伸ばすうちにすっかり居眠りしてしまうほど気持ちよい脱力感。ヨガは女性のみならず男性からもとても人気があり、太陽と潮風と波の音を感じながら行えるビーチヨガは今後更に人気のアクティビティになりそうです。

今回のビーチライフin新潟を通して、地元にこのイベントが定着してきたことを実感することができました。また、来年には近隣の小中学校のご協力を得て、子ども中心のプログラムも検討して、海辺利用は地元の習慣となるよう取組みを強化して参ります。


【写真】


受付テント、全国はだしキャラバン

ゴミ収集コーナー

地元代表 吉田六左ェ門様

参議院議員 塚田一郎先生

当協会理事長 朝日健太郎

STEP体操

ビーチサッカー

新潟deビーチバレー開会式

ビーチバレー

ソフトバレー

ビーサン跳ばし

ビーチフラッグス

ビーチ相撲

ビーチヨガ

レゲエダンス

フラダンス

万代太鼓

恵比寿舞

あさり採り

宝探し

ヨーヨー釣り


【ご協力企業のぼり】

株式会社ヤナイ

金鶴食品製菓株式会社

小名浜船舶株式会社

三国屋建設株式会社

株式会社青山海事

五洋建設株式会社

(助成)日本財団

一般財団法人みなと総合研究財団

株式会社フォーバル


前のページへ
ページの先頭へ

Copyright Association for Beach Life Japan, All rights reserved. Privacy policy