日本ビーチ文化振興協会 LET'S ENJOY BEACH LIFE
トップ 協会について 活動報告 理事・役員 海辺情報 入会案内 リンク アクセス ブログ お問合わせ
トップ > 活動報告 > 第3回港区立小学校PTAビーチフェスタ

第3回港区立小学校PTAビーチフェスタ

【日 時】 2013年9月22日(日)
【会 場】 お台場海浜公園おだいばビーチ(東京都港区)
【天 候】 晴れ(最高気 30.1温度、最低気温 22.9度)
【参加人数】 350名
【主 催】 港区小学校PTA連合会
【後 援】 港区、港区教育員会、警視庁湾岸警察署
【協 力】 NPO法人海塾、NPO法人日本ビーチ文化振興協会、港区海洋少年団
【協 賛】 森永乳業(株)、(株)ソーケン、東京中日スポーツ、大塚製薬(株)、大網(株)
【体験者数】
  ・ゴムボートレース 192名
  ・ビーサン跳ばし 1回目 70名/2回目 80名
  ・ビーチフラッグス 1回目 60名/2回目 60名
  ・麻袋競争 1回目 70名/2回目 60名

【所 感】
港区に住んでいる子ども達は、自分たちが住んでいる地域に海やビーチがあるという認識が少なく、また近隣同士の付き合いも希薄しつつあるため、年に一度、港区の公立小学校19校から子ども達が一同に会してお台場ビーチに集まりマリンスポーツ、ビーチレクリエーションを楽しみます。
港区小学校PTA連合会が主催でスタートした『港区立小学校PTAビーチフェスタ』は、今年で3回目を迎えました。

海上ではゴムボートリレーが行われ各校対抗で競われます。3〜4チームが一斉にスタートし、50m先のブイを回って砂浜に戻り、手を繋いで浜を駆け上がりゴールする競技です。チームの団結力が鍵となり、息を合わせてボートを漕ぎます。白熱したレース展開に、子ども達はもとより保護者の方が興奮し、大声でわが校チームを応援していました。
また、父兄の一人である進行役が抜群の解説で、会場を大いに盛り上げていました。

砂浜では当協会が『ビーサン跳ばし』『ビーチフラッグス』『麻袋競争』を実施しました。
おだいばビーチでは8年間、ビーチライフイベントを実施しているため、とても人気のある競技3種です。

勝ち負けのはっきりする『ビーチフラッグス』は、男女問わず順番を待つ長蛇の列。多くの子ども達が参加してくれました。「絶対にホースを取ってやる!」と言わんばかりの表情。とくに女の子達の勢いはすごく、男の子に劣らないスピードで起き上がり、勢いよくホースめがけて飛び込んでいました。そんな素早い立ち上がりに、男の子は悔しそうな表情をしていました。

『ビーサン跳ばし』も小さい子でも簡単に楽しんでできるレクリエーションなので、1,2年生でも気軽に参加して楽しんでいました。子ども達は並んでいる間、ビーサンを跳ばす練習やビーサンを履き替えたりと、気合をいれて挑む様子がとても子どもらしく印象に残り、また、1回跳ばしまた後ろに並び直す子も多くいました。

麻袋の中に両足を入れ、10m離れた三角コーンを回って戻ってくるレース『麻袋競争』。
足が砂に取られ思うように前に進まず、気ばかり焦ると前につんのめってしまいます。しかし、ビーチで行うからこそケガもせず何度も起き上がり前に進めるので、砂でのレクリエーションとして向いている競技です。その様子も芋虫のようで面白いので、会場は笑いと掛け声で溢れ賑わい感が更にでました。

このイベントから子ども達が、地元に海がありビーチがあること、はだしになる習慣、外遊びの楽しさを実感してもらえたら本望です。また、保護者の方もその様子をみることで、日常生活に足りない事は何か、地元同士の付き合いなど、改めて考えていただける事を期待します。



設営準備

設営準備

本部テント

会場の様子

隣ではビーチバレー大会も行われていて
おだいばビーチが賑やかに

警視庁のピーポーくんは
子ども達に大人気

開会式

ゴムボートレース

50m先のブイを折り返します

     みんなで手をつないでゴール

ビーチフラッグス
遊佐からのルール説明

ダッシュでホースを取ります

ビーサン跳ばし

振り切ったビーサンはどこまで行くか

麻袋競争

ぴょんぴょん飛ぶ姿が可愛らしい

閉会式 ゴムボートレース優勝チーム

ビーサン跳ばし 女子の部 優勝

ビーサン跳ばし 男子の部 優勝

参加してくれた子ども達と記念写真


前のページへ
ページの先頭へ

Copyright Association for Beach Life Japan, All rights reserved. Privacy policy