日本ビーチ文化振興協会 LET'S ENJOY BEACH LIFE
トップ 協会について 活動報告 理事・役員 海辺情報 入会案内 リンク アクセス ブログ お問合わせ
トップ > 活動報告 > 第1回サンセットビーチランin京丹後

第1回サンセットビーチランin京丹後

【日時】 2014年6月28日(土) 
      受付13:00〜14:40、開会式15:00〜、
      10km・5kmスタート16:00、親子・キッズスタート16:30〜
      サンセットビーチパーティー18:00〜
【会場】 京都府京丹後市夕日ヶ浦海岸
【主催】 サンセットビーチランin京丹後実行委員会
【主管】 NPO法人日本ビーチ文化振興協会、ネイチャー日本
【エントリー数】 350名
【周辺動員数】 850名
【メディア露出】 毎日テレビ、読売新聞、京都新聞、朝日新聞、ニコニコ動画
【チラシ】

【掲載記事】
6月29日読売新聞


6月29日京都新聞


6月29日朝日新聞
【メディア露出】
MBS毎日放送 24:30ごろ夜のニュース内で放送

【ランネット投稿者による総合評価】

【総 評】
およそ6kmに渡る白砂のロングビーチとオレンジ色の夕日が日本海に落ちる京丹後市で「サンセットビーチラン」を実施しました。
日本海ならではの景観と白くサラサラな砂浜が広がるこの地域の特色を大いに活かし、「海の京都、京丹後市」を全国に広めたい、と京丹後中山市長がご相談に足を運んでくださり、どのような海辺活用が今後地域活性化につながるか相談を重ね、「日本海ロングビーチ」「最高の砂質」「海に沈む夕日」の3つを活かした「サンセットビーチラン」を企画致しました。
全国でおよそ1,000万人のランニング人口がいる人気のマラソンをビーチに取り入れることで、遠方から参加する人に地域の特色をPRする事ができ、更に宿泊も見込める事を目的とし地域活性につながっていきます。昨年からビーチ沿いを走る「ビーチラン」を神奈川県、新潟県、愛知県で実施しており、波音と潮風を感じながら走れることが好評で、又、足元が悪い条件で走ることで体への負担も大きく、短い距離でありながら充実感もあることから話題を集めはじめております。

当日はどんよりとした雲が広がり、今にも雨が降り出しそうな天気となりました。
雨対策として、ゴール地点とサンセットビーチパーティーが行われる会場にはテントが設置され、またステージには透明な屋根のテントが設けられ、ステージ上で行われるライブがよく見えるような工夫がとられていました。
コース上には5km、10kmの折り返し地点に給水ポイントが設けられ、蓋付きのトレーにコップを入れ、風で飛んでくる砂が水に入らないように気を配り、また使用済みのコップを回収するためコップを投げ入れる袋状のネットを設置し、ゴミが散らからないようにしました。
コースの途中には大きな溝があったため、仮設桟橋を設置し、ランナーが走って渡るのに耐えられる強度であるか、溝の川の流れで地盤が崩れないか、事前の確認を行いました。
会場、コースの設営も終了し、13:00に受付がスタート。ランナーが続々と会場に到着し、スタッフは笑顔で「こんにちは!」「ご来場ありがとうございます」「いってらっしゃい」と声をかけていました。笑顔で出迎えられたランナーも自然と笑顔で「こんにちは」と返してくれます。笑顔で挨拶することを心がけたことで、とても雰囲気の良い会場となりました。又、駅から会場まで電車の到着時刻に合わせたシャトルバスを出す、おもてなしもありました。

なんとか雨も持ちこたえ、無事開会式を迎えました。朝日理事長による開会宣言後、中山市長は挨拶で「京丹後市にあるこの素晴らしいビーチと美しい景観を思う存分楽しんでほしい」と述べられていました。
ビーチヨガを15分実施、通常の道を走るよりも3倍もの負荷が体にかかるため、筋や体を伸ばす準備体操を時間をかけながら行いました。参加者からは大変好評を得ました。

そして第1回の幕開けに、ご当地ゆるキャラによる「ゆるキャラビーチラン対決!!」を開催。京丹後市のコッペちゃん、京都府のまゆまろ、伊根町のふなやん、富士フィルム株式会社様からルナメアレンジャー(アクネシューターちゃん・クリアナノビタミンEちゃん)、熊本県からはくまモンが参加し、ゆるキャラの登場にランナーや子どもたちは大喜び。愛くるしいゆるキャラの走りに参加者からは声援が送られ、その声に答えるように一生懸命走っていました。その後のふれあいタイムでも周りには人だかりができ、ランナーや子どもたちと一緒に記念撮影をしていました。ゆるキャラも存分にお国自慢ができた事でPR効果は高かったと思います。

5km、10kmが16:00よりスタートとなるころに雨が降り始めました。このような状況でランナーのモチベーションが下がらないよう、スタッフや観客は大きな声で「頑張れー!」「ファイトー!」と声をかけ、応援しました。ランナーにとって声援は辛いときの一番の励みになります。コースの砂質は柔らかいため、水を含んで固くなる波打ち際を走るランナーが多く、広いビーチの一か所に集中したロードができてしまいました。また、はだしで走るランナーもおり、ビーチが綺麗であることが伺えました。参加者の年齢層は幅広く、60代〜70代の方が10qに参加されていることから、世代問わずランニング人気の高さを実感しました。

16:30に親子・キッズがスタート。大雨の中でも子どもたちは大はしゃぎで、元気よく駆け抜けていきます。ビーチの上でも走りが速い子も多く、あっという間に1qを通過していきました。観戦していた保護者の方は「いけー!」「走れー!」と熱い声援を送っていました。親子の参加も多く、お父さん、お母さんと手をつなぎながら不安定な砂浜を一生懸命走っている子どもの姿はとても微笑ましい光景でした。

ゴール地点のステージでは地元女性和太鼓「月下美人」による演奏が行われ、帰ってくるランナーをお出迎えしました。最初にゴールした5kmのランナーは、スタートから約30分でゴール。その後、続々とランナーが帰ってきました。ゴールした人は「しんどかった〜!」とこぼしていましたが、達成感もあってとても清々しい表情が多かったようです。子どもをおんぶしたまま2q走ったお父さんも見事にゴールしました。

事故もケガ人もなく第1回目のビーチランを無事終了しました。ステージでは各部門の表彰式が行われ、入賞者には写真つきの表彰状とメダル、記念品が贈られました。
その後、サンセットビーチパーティーでは、地産地消バーベキューや特産品の出店、ハワイアンダンスやライブなどで会場は大変盛り上がり、賑やかとなりました。また雨が降っている中、雲の隙間からオレンジ色の夕日が顔を覗かせ、会場にいた人からは大きな歓声が上がりました。来年は日本海に落ちる夕日が見られることを願います。

当イベントを通じて、ビーチは海水浴だけという一過性のものではなく、年間を通して人々が楽しめる空間だということを地元の方々が認識していただき、積極的にビーチを活用して環境を良くしていこうという意識につながる事を期待します。市民と行政が一体となって「海の京都、京丹後」を全国に広める活動ができるよう、そして若者が愛郷心を育み新たな海辺文化を継承していく事を望みます。





会場:夕日ヶ浦海岸

6qに広がる白砂ロングビーチ

海は透明度が高く、砂質も白くサラサラ

仮桟橋を設置

メイン看板

開会式ステージ

ゴール地点と
サンセットビーチパーティー会場

ステージ

受付

受付表チェック表と配布物

大会本部

アンケート記入台

救護テント

AED

荷物預かり所

預かり表と預かり札

タイムデジタル表示板

記録用カメラ

給水ポイント(5km)

給水で使用した紙コップを
投げ入れるゴミ箱

折り返し用コーン(5km)

折り返し用コーン(10km)

何q地点か示すのぼり

何q地点か示すのぼり

京丹後市のぼり

山陰海岸ジオパーク

サンセットビーチランin京丹後のぼり

NPO法人
日本ビーチ文化振興協会のぼり

ビーチゲームズ
日本招致推進プロジェクトのぼり

みんなではだしで楽しもう!のぼり

海辺を守ろう!運動のぼり

受付開始

元気な挨拶と笑顔で受付を行いました

開会式

マスコミも訪れていました

開会宣言
NPO法人日本ビーチ文化振興協会
理事長 朝日健太郎

来賓挨拶 京丹後市長 中山 泰様


注意事項:主管
ネイチャー日本 渋谷 秀雄様

走る前の準備体操:ビーチヨガ


ストレッチして体を伸ばします


ゆるキャラビーチラン対決!!

熊本県:くまモン


富士フェイルム:
アクネシューター、クリアナノビタミンE 

京都府:まゆまろ

伊根町:ふなやん

京丹後市:コッペちゃん

気合十分!

よーいどん!

カニのコッペちゃんは横歩きで走りました

あと少しでゴール

優勝した富士フィルム様には
PRタイムをプレゼント!

くまモンと熊本出身の
朝日理事長の初めてのコラボ

PR担当のお姉さんとの絶妙な掛け合い

ゆるキャラとふれあいタイム

子どもたちは握手したり
記念撮影をして楽しんでいました

5q、10qビーチランスタート

ビーチランの様子

コスチュームを着た方もいました

日本海を見ながらのラン

親子・キッズスタート

小さい子も一生懸命走っていました

みんな笑顔

子どもをおぶりながら走るお父さん

ランナーを応援する観客

女性和太鼓 「月下美人」

あと少しでゴール

スタッフはハイタッチでお出迎え

笑顔でゴール

子どもたちも頑張りました

手をつないでゴール

はだしで走られた方もいました

表彰式

入賞者にはメダルと賞状と景品が渡されました


どんよりとした雲の隙間から
夕日が顔を覗かせました

サンセットビーチパーティー


物産展


出店

出店


雨のため飲食スペースには
テントが設けられました

ハワイアンダンス

ライブ 森 智義様



前のページへ
ページの先頭へ

Copyright Association for Beach Life Japan, All rights reserved. Privacy policy