ホーム > 理事・役員

理事・役員

大村哲夫
会長 大村 哲夫

「海辺から日本の文化を育もう」
私たちが住んでいる日本列島の海岸線の長さは、約35,000kmあります。ちなみにアメリカは約20,000km、フランスは約3,400kmです。国民一人当たりではアメリカやフランスの4倍近い海辺を日本人は持っていることになります。ところが最近の日本人の海辺の使い方は世界のリゾートと比べると大変さみしいものです。
古来より白砂青松といわれた日本の海辺の原風景は、歴史、文化、風土などの日本人の民族性を育むうえで大きな役割を果たしてきたと思います。三保の松原の羽衣伝説、丹後半島の浦島伝説、沖縄にも海のかなたに楽土「ニナイカナイ」があり、そこから海辺に授かりものが届くという伝説があります。
国土の貴重な資源である海辺を楽しく活用し、海辺から日本の文化を育む活動に日本ビーチ文化振興協会が少しでもお役にたてればと思います。

大阪府出身
京都大学工学部卒
東京工業大学大学院修士課程修了
学位 博士(工学)

国土交通省で海岸行政に携わる。発起人として日本ビーチ文化振興協会の設立に参加。
退官後、みなと総合研究財団理事長として、海辺の振興や環境創造の研究に従事(この分野で博士号を取得)。
現在、(株)日本港湾コンサルタント代表取締役社長


遊佐雅美
代表理事
遊佐 雅美(ライフセーバー)

近年、海離れしている子どもたちが多く、海水浴文化が薄れてきているのが現状です。しかし、水辺の事故や不慮による溺水も少なくありません。古代から水は生活になくてはならない貴重な資源であり、水辺は産業・文化にとっても必要不可欠でした。水との関わりを大切にし、水辺の事故防止に努めます。その一つとして、全国で、水辺の安全教室を展開し、自他を守る方法を体験から学び事故防止に役立てます。

また、地域にあったビーチ・マリンスポーツの普及を行い、『健康増進』『青少年育成』に役立て、誰もが気軽に海岸に訪れやすい仕組みづくりを考え、『安心・安全な海岸』を全国に発信し、スポーツを通じて日本を元気にします。
皆さま、どうぞご指導を宜しくお願いいたします。

1973年神奈川県出身。
ライフセービングで重要と言われている「瞬発力」「集中力」を養う事を目的とした競技種目『ビーチフラッグス』の元世界チャンピオン。全日本ライフセービング選手権大会ビーチフラッグス女子チャンピオン継続中。

特定非営利活動法人日本ライフセービング協会認定BLS
ウォーターセーフティーインストラクター
NPO法人日本ビーチ文化振興協会柏崎支部長
ホームページ http://www.jbeach.jp/yusa/


佐伯美香
理事 佐伯 美香(元ビーチバレーボールプレーヤー)

1971年愛媛県出身。
1997年にバレーボールからビーチバレーに転身し、シドニーオリンピックでは4位、北京オリンピック出場と二児の母であり、ビーチバレー界でのカリスマ。
ホームページ http://terumika.trym.co.jp/

松山東雲短大女子バレー部コーチ


徳野涼子
理事 徳野 涼子(元ビーチバレーボールプレーヤー)

1974年愛媛県出身。
国内大会ジャパンサーキット優勝多数、アテネオリンピック2004 17位、アジアサーキット優勝、2005年引退。筑波大学大学院体育研究科卒業。

愛媛県立松山商業高等学校 教員


浦田聖子
理事 浦田 聖子(元ビーチバレーボールプレーヤー)

1980年佐賀県出身。
2002年インドアバレーボールからビーチバレーに転向。転向当初、佐伯美香とペアを組み急激に力をつけ、2008年には日本ラインキング1位獲得。その後、ジャパンツアー、全日本選手権などで優勝を重ねる。一児の母であり、ビーチライフ普及活動中。



泉 信也
顧問 泉 信也 元国務大臣・国家公安委員長

NPO法人として本格的にスタートされ15年目を迎えましたことをこころからお喜び申し上げます。
わが国にもビーチを花開かせたい。子供からお年寄りまで、一年を通して集い、ふれあい、 楽しめるビーチを全国に広げたい。このような思いを託した 日本ビーチ文化振興協会は、わが国のビーチに爽やかな風を起こし、大きな潮流を創り出します。
この未来に向けた取り組みに、市民や企業の方々が共感され、ともに活動し支援してくださるよう お願いいたします。

福岡県出身
九州大学工学部土木工学科卒業
元参議院議員


岩屋 毅
顧問 岩屋 毅 衆議院議員

昭和32年8月24日生。
早稲田大学政経学部政治学科卒
国際観光産業振興議員連盟 幹事長
元外務副大臣
元防衛大臣


山野岳義
顧問 山野 岳義 弁護士

元人事院事務総長
東京大学法学部卒
(財)全国市町村振興協会 顧問

所属先:東京リベルテ法律事務所


鬼頭平三
顧問 鬼頭 平三

昭和23年3月3日生
東京大学工学部土木学科卒
昭和48年 運輸省入省
平成16年 国土交通省港湾局長
平成19年 国土交通省技術総括審議官
平成21年 退官

一般財団法人 みなと総合研究財団 顧問


三遊亭 円楽
顧問 三遊亭 円楽 落語家

昭和25年2月8日生
青山学院大学法学部卒業
昭和54年1月 放送演芸大賞最優秀ホープ賞受賞
昭和56年1月 若手落語家努力賞受賞
昭和56年3月 真打昇進
平成22年3月 6代目三遊亭円楽を襲名


高橋 浩二
顧問 高橋 浩二

京都大学工学部卒
京都大学大学院修士課程修了
(元)国立研究開発法人 港湾空港技術研究所 国際主幹・特別研究主幹

博士(工学)
技術士(建設、総合技術監理、経営工学)
土木学会特別上級土木技術者(総合)
気象予報士
株式会社 日本港湾コンサルタント 専務取締役・計画本部長兼事業推進本部長


朝日健太郎
朝日 健太郎
チーフプロジェクトオフィサー(CPO)

1975年 9月19日生 熊本県出身。
1998年 法政大学経営学部経営学科卒
2002年 バレーボールからビーチバレーに転身し「サンライズブロック」を武器にビーチバレー界のトップ選手となる。
     日本ビーチ文化振興協会の設立発起人となり、理事に就任。
2008年 くまもとわくわく親善大使
2009年 北京オリンピックビーチバレーボール日本代表として出場。日本男子初9位を獲得。
2011年 東京湾の環境をよくするために行動する会 理事
2012年 北海道釧路町観光大使
     ロンドンオリンピック出場 19位 同年引退
     NPO法人日本ビーチ文化振興協会理事長に就任
2013年 京丹後市日本一の砂浜海岸づくり実行推進会議 参与
     東京マラソン チャリティチーフ・ファンドレイザー
     公益財団法人日本バレーボール協会 ビーチバレーボール事業本部 企画・競技運営担当部長
2014年 早稲田大学院スポーツ科学研究科社会人修士課程修了
2015年 東京オリンピック・パラリンピック教育を考える有識者委員
2016年 東京都選挙区より参議院議員初当選


理事・役員

会長 大村哲夫  株式会社 日本港湾コンサルタント 代表取締役社長
代表理事 遊佐雅美  ライフセーバー
理事 佐伯美香  元ビーチバレーボールプレーヤー
 松山東雲短大女子バレーボール部コーチ
徳野涼子  元ビーチバレーボールプレーヤー
 愛媛県立松山商業高等学校教員
浦田聖子  元ビーチバレーボールプレーヤー
副会長 瀬戸山正二  一般社団法人川崎ビーチスポーツクラブ理事長
山田敏紀  山田会計事務所代表
副会長(常任) 吉澤裕子  NPO法人日本ビーチ文化振興協会
 観光庁 最先端観光コンテンツ インキュベーター事業
 「ビーチの観光資源活性化に関する協議会」
 公益社団法人日本港湾協会情報誌‘港湾’編集委員
事務局長 門内 淳  NPO法人日本ビーチ文化振興協会
監事 高橋 宏  三国屋建設株式会社 代表取締役会長
参与 緒方 良  三晃金属工業株式会社
師岡文男  上智大学名誉教授
 スポーツ庁参与
 国際ワールドゲームズ協会理事
 JOC総務委員
東 完夫  元 光和ジェネラルサービスーズ株式会社
丸山隆英  一般財団法人みなと総合研究財団 専務理事
干山善幸  三井住友海上火災保険(株)顧問
松原 裕  三菱重工業株式会社
 インダストリー&社会基盤ドメイン事業戦略部 顧問

    • はだし新聞
    • ビーチゲームズ日本誘致促進プロジェクト
    • イベント情報
    • 掲載記事
    • 活動報告
    • 共催、後援、協力イベント
    • お台場ビーチバレー
    • LIFE SAVER 遊佐雅美
    • 健's Bar

TOP